山鹿・南関・玉名の方が多く来院。「歯科処 神崎」では、インプラント・入れ歯・レーザー治療、アゴの位置、不定愁訴、漢方・予防を中心とした小児歯科など、最先端の歯科治療を行っております。

歯科処 神崎コンテンツ

安全なインプラント ミニインプラント(入れ歯固定用) 先端歯科治療センター往診やってます! 院長かんざきの勝手気ままな日記

診療内容

一般の方へ

【和水初】在宅かかりつけ歯科診療所

この施設基準は訪問歯科診療いわゆる往診を行う際

「往診先での受診者が1人だけでも大丈夫ですよ」と言う証です

平成26年11月19日現在
和水町では当院だけです!!

また、玉名ではわずか4件、山鹿まで含めても6件のみなんですよ

往診はハッキリ言って楽しいんです

だって、お伺いする皆さんが笑顔でニコニコ待ってくれてますから


※患者さんの了解は得ております

在宅療養支援歯科診療所の施設基準クリア!!

和水初ではありませんが、
和水町では2件、玉名では9件、玉名+山鹿では16件と2割程度歯科診療所が施設基準をクリアしています。
それだけ基準が厳しいのもあります

もちろん、歯科処神崎もクリアしており、
在宅療養に積極的に取り組んでいる証です

往診は常々行ってきており、そのノウハウも蓄積しています

でも、受診するみなさんが笑顔でお待ちいただいている事が一番楽しいのです

荷物はどっさりもっていきますが
ベッド横でも構いませんよ
75cm四方の程度のスペースがあれば準備可能ですので、患者さんを移動させずにOKです♪



※患者さんの了解は得ております

IMG_1132.JPG
〜口腔ケア専用器材〜

IMG_1141.JPG
〜院内表示〜

送迎サービスもやってます!!

往診の条件に該当しない方、特に介護保険で「自立」「要支援」などの認定された方は
ご希望により送迎いたします

送迎を希望される方はご連絡下さい

車イス用と回転スライドシートがございます
どんな車かは下記の動画をご覧下さいね


〜車イス専用車〜


〜回転スライドシート搭載車〜


往診(訪問歯科診療)および送迎サービス

 我が歯科処 神崎では往診(訪問歯科診療)を行っております。
 平成24年4月から保険が改正されました!
 そして、今までは寝たきりの方や車イスの方の為だけだった往診が

 お身体のご不自由な方であれば往診が可能となったのです!!

 ですので、今まで受診をあきらめていた方に対して、こちらからお伺いすることで治療が可能となりました!!もちろん、保険診療ですので、一部負担金のみとなります。ですので、ご安心ください。
 
 最新の器具を取り揃え、往診に行った方々から、こんなにたくさんの道具が???なんて驚かれたりもしますが、病院での処置とほぼ同等の治療が出来る様に取りそろえております。もしご要望があれば、たっくさんの機械と共に飛んで参ります!!

また、無料送迎も行っております。送迎担当がご自宅までお迎えに参ります。送迎車も回転スライドシート、車イス用リフト車を配備しておりますので、車イスでもそうでない方も楽に乗車できる様に致しております。お気軽にお申し出下さいね!


◆往診可能地域◆

全域    … 和水町、南関町、山鹿市

一部地域 … 玉名市の大部分(旧玉名市)、玉東町の半分
          熊本市植木町の半分、荒尾市の半分
立花町、みやま市の一部、大牟田市の一部

※送迎は地域指定はございませんが、往復の時間の関係上、往診に準じておりますが、上記の地域以外の方はご相談下さい

oushin.jpg

口腔ケアの重要性

 高齢者の方の亡くなる原因の1つに肺炎があります。この肺炎の殆どが誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎とは聞き慣れない言葉かもしれません。高齢者になると身体の免疫機能が低下し、体調を崩し、風邪を引きやすくなります。そして、風邪の治りかけの時、肺炎を併発してしまいます。
 しかも、高齢者になればなるほど、咳が出にくく、ノドに詰まりやすくなります。その為、餅がのどに詰まる事故がよく起こってしまいます。この様に気道に誤ってはいることを誤嚥と呼び、誤嚥が引き金となって肺炎を起こしたとき誤嚥性肺炎と呼びます。
 この誤嚥性肺炎の素となる誤ってノドに飛び込むモノは何でしょうか?実は入れ歯や歯の裏側にたまった歯石、お口の手入れが悪くたまったプラークが原因なのです。
 実際にある老人ホームでデータを収集したら、口腔ケアを行った途端、誤嚥性肺炎で亡くなる方が激減したと言う報告もあります。ですから、高齢者にとって非常に大事な口腔ケアなのです。

ボケ(痴呆症・認知症)とかみ合わせの関係

 最近取りざたされているかみ合わせとボケ(痴呆症・認知症)の関係ですが、非常に密接なようです。かみ合わせした時の力の伝わる方向を考えてみると、上アゴの歯はモンソンカーブと呼ばれる球体の一部に沿う様に並んでおり、その方向は脳の前頭連合野と呼ばれる部分に伝わっていきます。
 この脳の前頭連合野と呼ばれる部分は人が人間らしくある理性を司る部分で、ここが刺激されることによって人間らしさを行っていきます。と言うことは咬むと言う行為をするだけで、相当な刺激が加えられるのです。
 ある大学医学部の脳研究の教授も非公式ながら、前頭連合野を刺激することは手で作業したりするよりもかなりの刺激となる。実際に歯科医師の皆さんが経験している入れ歯を作ったら痴呆が軽くなったという話はいずれ科学的に解明されるであろう、と述べられていました。
 これは実際に経験した事もあり、随分感謝されました。入れ歯のあるなしだけではなく、ちゃんとしたかみ合わせの問題をクリアした入れ歯を入れることによって改善していくこともかなりあります。
 今後の研究によって解明されていくことでしょう。