山鹿・南関・玉名の方が多く来院。「歯科処 神崎」では、インプラント・入れ歯・レーザー治療、アゴの位置、不定愁訴、漢方・予防を中心とした小児歯科など、最先端の歯科治療を行っております。

歯科処 神崎コンテンツ

安全なインプラント ミニインプラント(入れ歯固定用) 先端歯科治療センター往診やってます! 院長かんざきの勝手気ままな日記

診療内容

一般の方へ

CT完備しました!!

IMG_1502.jpg

11月5日にCTを設置しました。
ただし、平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金事業としての設置となります
ですので、この事業が完了するまではテスト運用となります

本格稼働は来春を予定しております
テスト運用では、スタッフ一同の撮影技術、読影・分析・診断技術、カウンセリング技術向上のため、皆様のご協力の下、モデル撮影を行い、その後、テストカウンセリングを行っていく予定です。

補助金事業の規定により、テスト運用中は無料にて実施いたします。
但し、モデル撮影は50名程度としておりますので、ご了承願います

来春の本格稼働を目指し、テスト運用を頑張って参ります。

いびき&睡眠時無呼吸症候群

いびき&睡眠時無呼吸症候群とは
これは一時期マスコミを騒がせた大変重大な疾患です

いびき、睡眠時無呼吸症候群、鼻炎などは基本的に顎のズレから起こります
ですが、保険診療では「睡眠時無呼吸症候群」と耳鼻科で診断され、
マウスピースを作る必要性があると耳鼻咽喉科医が判断しないと作れません
さらに、この作る装置は極めて顎関節に悪影響を与える
そのため、かなり症例を選んで行われる事になります
ですので、結局は耳鼻咽喉科で処方されるC-PACと言う装置を利用して行く事になってしまいます

ですが、実際には噛み合わせをきちんと正す治療を行う事で鼻呼吸が出来る様になり
睡眠も深くとれる様になります

この治療方法は歯科医師であれば誰でもと言う訳にはいきません
十分なトレーニングを積んだ歯科医師でなければ難しいでしょう

かみ合わせに対する十分な検査と診断を行い、装置を作る事が重要になります

【PRICE】
相談料            5,000円(税別)
検査診断料         50,000円(税別)
顎位矯正装置料    150,000円(税別)
顎位矯正調整管理料   6,000円(税別)
咬み合わせ調整料    5,000円(税別)←必要に応じて

歯ぎしり&食いしばり

歯ぎしりや食いしばりはなぜ起こるのでしょうか?

原因は不明とされています
多くの患者さんを診てきて、原因を探ると原因全体を100%とすると

その50%は歯の形、歯並び
その30%は顎のズレ
その20%はストレス

のようです

割合等はデータ集計していないので、神崎が診療してきた感覚的なものです

ですが、歯の形や歯並びの治療をする事でかなり軽減され、
顎のズレの矯正をする事でほとんどの方は落ち着きを取り戻します

しかし、この治療が難しいところは
軽減はしますが、100%なくなる訳ではありません
これは原因のうち、20%がストレスから来るからなのです

ですから、ある程度落ち着いた段階で良しとすることを念頭に置いておいて下さい
それでも、ほとんどの方は大変喜ばれます

この治療方法はかなりの先端歯科医療ですのでどこでもできる訳ではなく
十分なトレーニングを積んだ歯科医師でなければなりません

必要な検査、診断を行い、治療を行うことが肝要です

【PRICE】
相談料            5,000円(税別)
検査診断料         50,000円(税別)
咬み合わせ調整料    5,000円(税別)
顎位矯正装置料    150,000円(税別)
顎位矯正調整管理料   6,000円(税別)


交通事故と顎関節症

交通事故による顎関節症の発症はあまり知られていません

事故の大多数は追突によるものですが、その際、強い衝撃が頸部に掛かることでむち打ち(頸椎ねんざ症候群)が起こります

ですが、下あごは筋肉によってぶら下がっている状態ですので、衝突の際、慣性力が働き、比較的強い衝撃を受けます
結果、顎関節のズレが生じ、顎関節およびその周囲の筋肉に痛み等が発症するのです。

顎関節、ほっぺた、偏頭痛、肩こり…

症状自体はむち打ちと似ていますが、むち打ちの治療だけでは治りきれません。

ですから、交通事故の際は整形外科および歯科を受診をオススメします
ただし、顎関節症はかなり特殊な治療ですので、どこの歯科でも大丈夫!と言う訳には参りません
ある程度、専門的な知識、技術を持たないと難しくなります

ですので、もし、その様な場合は当院まで一度ご相談下さい

顎関節症について

IMG_0441.jpg関節症は下の顎の位置のズレによって生ずる症候群の一つです。

顎の位置は地球上の仮想重力線上に垂直に存在するのですが、現代人は殆どがずれています。
この顎の位置をずらすことが何よりも大事でそれを行うだけで顎関節症は解消します。

IMG_0438.jpgしかも、その他の問題と考えてきた頭痛、首の凝り、肩凝り、腰痛、生理痛、生理不順、更年期障害、自律神経失調症、膠原病、高血圧、高脂血漿、糖尿病、花粉症、アレルギー疾患、ぜんそく、いびき、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、冷え性、猫背、側湾症、うつ症状などなど多くの不定愁訴の原因の一つであることが解明されてきています。
これらの原因はどこにあったかと言えば骨格系の歪みから来ているのです。

そこで、これらを解消するためにMPAと呼ばれる装置を使用して固定し、安定を図った上でお口全体を処置するとある程度改善が計ることが出来ます。顎関節症でお悩みの方がいらっしゃったらご相談下さい。

mandible.jpg

下顎位・咀嚼

下顎骨って人間にとってメチャクチャ大事!!

  人間の身体のバランスを保つ働きはと聞かれると三半規管!と答えるでしょう。
しかし、三半規管だけじゃないことがわかってきたのです。ではどこか?
と言えば「骨盤」「下顎骨」です。歩くときに常に身体を保とうとしている大事な骨だったのです。
しかし、骨盤は下半身にしかききません。
そこで、探し出したのが実は「下顎」だったのです。

上半身のバランスは常に下顎骨でとっているのです。
では、今まで言われてきた三半規管は何をしているのでしょうか?
正解は「バランスを保つための最終微調整、微調整」でした!そう、大雑把に下顎骨と骨盤で整えたところで初めて三半規管のお出ましなのです。
と言う訳で下顎骨の位置が狂っていると「不定愁訴」が起こりえる訳なのです。
これは、下顎骨がずれてしまうと背骨が曲がり、骨盤がズレ、骨に付着している筋肉が無理な形になり、悲鳴を上げ、神経のバランスをも崩してしまいます。
すると、足先から脳を含む頭部に至るまでに原因不明の不定愁訴が起こります。
その不定愁訴は肩凝り・腰痛・頭痛・首の凝り・側湾症・膠原病・自律神経失調症・便秘・下痢・生理不順・生理痛・花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・アトピー性皮膚炎・めまい・いびき・閉塞性睡眠時無呼吸症候群・うつetc...色々ありますが、下顎骨のズレがこれらの原因の1つになっているかもしれません。
もし不定愁訴にお悩みの方がございましたら下顎骨のズレがないか一度受診されて下さいね。

その時、お気軽にご相談下さい。しかし、この下顎骨のズレを診断できる技術はかなり高度なので、どこの歯科医院でも出来ることではないのであしからず。

噛む運動すなわち咀嚼運動の大事さ

 ご飯を食べることを咀嚼といい、噛む運動のことを咀嚼運動と言います。
この咀嚼運動が現代人では乱れています。
咀嚼運動の乱れによって起こるのがむし歯であり、歯周病であったり、知覚過敏であったりします。
(今提唱されたばかりで、科学的裏付けがもうすぐ出てくるはずです)保険診療では咀嚼運動を整えないで銀歯や入れ歯を作るものですから当然むし歯や歯周病の再発を起こします。

銀歯が取れたり壊れてくれれば歯が助かるのですが、現代歯科医学ではあまりに高度に発展しすぎて人工物が壊れる前に歯が耐えきれなくなってしまうことが往々にしてあるのです。
是非この噛む動きすなわち咀嚼運動を整えておきましょう!

 ちなみに、この咀嚼運動を解析するためにはコンピューターによる検査機、お口の模型、模型を動かす為の咬合器と呼ばれる機械が必要になり、咀嚼運動を診断できる技術が高度すぎるというのもあり、どこの歯科医院でも出来ることではないのであしからず。

運動選手の皆さんへ

IMG_0481.jpg運動選手にはスポーツ中の事故が起こる可能性を秘めております。
これはどの様なスポーツでも同じです。
ですから、皆さんはスポーツ外傷保険に加入されていることと思います。

しかし、外傷を起こしてからでは大変になります。特に多いのがお口の中のケガ。そして脳震盪です。

これらを防ぐためにはマウスピースを使うと良いのですが、スポーツショップで購入するマウスピースはとても違和感があり、友達同士で使い廻したりして、あまり衛生的ではなく、無いよりもマシ、と言うぐらいのものです。
歯科医院で作るとフィット感が違い、お口の模型を取り、セミオーダーから完全フルオーダーまで色々あります。
完全フルオーダーはさすがに高価でなかなか手が出ないかもしれませんが、セミオーダー品でも圧倒的に違います。勿論、消耗品であるので破れたりしますが、マウスピースが壊れることによってお口の中が救われたと言うことです。
ちなみに、マウスピースの正式名称はマウスガードというのですよ。スポーツされている方はお試しあれ!