山鹿・南関・玉名の方が多く来院。「歯科処 神崎」では、インプラント・入れ歯・レーザー治療、アゴの位置、不定愁訴、漢方・予防を中心とした小児歯科など、最先端の歯科治療を行っております。

歯科処 神崎コンテンツ

安全なインプラント ミニインプラント(入れ歯固定用) 先端歯科治療センター往診やってます! 院長かんざきの勝手気ままな日記

診療内容

一般の方へ

手術時の滅菌レベル

手術時はかなり滅菌レベルが上がります
これは通常の診療と比較して免疫力が下がる処置になるからです
日帰り手術で、小さな手術ですが、やはり手術です
滅菌を丁寧にしていないと、院内感染を起こしますので要注意です

緑布
手術の機材を設置する部分を滅菌された緑布を敷き、清潔域に仕上げます


顔用緑布
皮膚には雑菌が付着していますので雑菌が術者に付かない様にすること、血液や水泡などが飛び散らない様、顔に掛けます


各種道具
戸別に滅菌パックに入れ、滅菌後、乾燥ボックス内に保管します
その後、使用する際に取り出し、使いやすい様設置します


滅菌済蒸留水・生理食塩水
手術時は滅菌されている生理食塩水や蒸留水を用いて手術します


滅菌済グローブ&手洗い
手を石けん+ブラシにて洗い、薬液にて2回洗い、初めて滅菌済グローブを触りはめます

滅菌済手術着
近年はディスポの手術着が販売されていますので滅菌グローブをはめる前に着ます

清潔域・不潔域
滅菌されたもの、手術野を触る人の事を清潔域と言い、道具を棚から持ってくる人などを不潔域と言います。ハッキリと区分けしないといけません。